診療のご案内

避妊について

1)緊急避妊(アフターピル)について

緊急避妊(EC)とは、性犯罪に遭ったために妊娠の可能性がある場合、避妊しないでセックスしてしまったとき、コンドームが破れたりOCをのみ忘れるなど、避妊に失敗したときに妊娠を防ぐ最後の避妊法です。その代表的な方法が、緊急避妊ピル(アフターピル)を服用することです。
緊急避妊ピルは無防備なセックス後、主に72時間(3日)以内に服用することで妊娠を防止します。日本では主に黄体ホルモン剤が使われています。

なお、緊急避妊ピルでは完全に妊娠を防ぐことはできず、妊娠阻止率は84%というデータがあります。このため、通常の避妊にはOCといった避妊効果の高い避妊法をお勧めします。

月経周期のどの時期に緊急避妊ピルを服用したかによって作用の仕方が異なります。

  1. 排卵を抑制する
  2. 排卵を遅らせて受精を妨げる
  3. 精子が子宮内に入るのを阻止する

などがあげられています。

黄体ホルモン剤を服用すると、不正子宮出血や頭痛、吐き気、疲れやすい、眠くなるなどの月経時にみられる症状が現れることがあります。これらの症状が24時間以上続くことはほとんどありませんが、もし症状が続く場合は医師に相談してください。

費用 \9,000~ (別途処方料、診察料がかかります)

2)低用量ピル(OC)について

OC(オーシー)はOral Contraceptivesの略で、低用量経口避妊薬や低用量ピルとも呼ばれています。OCの成分は月経周期をコントロールする2種類の女性ホルモン(合成された卵胞ホルモンと黄体ホルモン)です。きちんとのんだ時の避妊効果は99%以上と非常に高く、世界では多くの女性がOCを選択しています。

OCの効果は

 

  1. 排卵を抑制する
  2. 内膜を着床しにくい状態にする
  3. 子宮の入口(子宮頸管)の粘液を変化させ、子宮内に精子を入りにくくする。

と言われています。

費用 \2,500/シート~ (別途処方料、診察料がかかります)

3)IUDとIUS(子宮内避妊用具)/IUS(子宮内避妊システム)

産婦人科で子宮内に器具を挿入してもらい、受精卵の着床を防ぐもの。避妊効果を高めるために銅がついているもの(銅付加IUD)や黄体ホルモンを放出するもの(IUS)などがあります。通常5年間効果が続くと言われていますので、日々気にすることなく過ごすことができます。但し、医師の定期的な検診は必要です。

費用 IUD \30,000~、IUS \58,000~ (別途診察料がかかります)

1)~3)上記いずれも診察時間に来院の上、医師にご相談下さい。
但し、緊急避妊(EC)を希望され、当院が2日以上休診の時は日中に電話でご相談下さい。